Funny Joy(ファニー・ジョイ)

ポンコツアラフォー女医の全くキラキラしてないブログ

クソババアサロンとわたし

みなさまお仕事またはかつ家事育児またはかつ介護闘病お疲れさまです。

今回、クソババアサロンのことを書きたいと思います。

夫婦ブログを運営されている、ちゃちゃこさんhttps://twitter.com/shinkontosaのブログを見つけ、読者になって数日後にクソババアサロンメンバー募集の記事を見ました。

元々ブログを見るのは好きだったけど、自分ではやっていませんでした。

クソババアサロンに入った理由は、育児ストレスの発散になると思ったからです
ついでにツイッターもやってなかったのに、サロンメンバー応募するために必要だから操作方法を調べ、やっと応募しました。
そんなレベル。

これがもし
「本気でブログで稼ぎたい奴だけ来い!!」塾な感じなら絶対無理だったと思いますw

ところがサロンオーナーであるちゃちゃこさんは
「育児で孤独なかあちゃんを救いたい。かあちゃんは雑談で救われる」と書いていました。
あれ、書いていなかった?似たようなことは書いていました。すみません。

マザーテレサかな?

この理念なら、私みたいな人でも入って大丈夫かも...?

空きがたまたま出て、入会1ヶ月待ちと言われていたのに中途で入ることができました。

初日、ライングループに参加すると数十人のババア(20代含む)から温かい歓迎を受けました。
数分であだ名がつきましたw フレンドリー。
メンバーの中にはモリモリやってらっしゃる方、私の他にもブログをやってないママさんもいました。



一方、なんで私がそんなに育児ストレスたまるかというと...

私は子供2人が生まれてしばらくフルタイムで働いていました。
カレンダー通りの土日と祝日が休みです。
5時チンで帰る医者を、職場がフルタイムと見なすかどうかは別の議論になりますが...

フルタイム()って感じですかね。
でもいいの。気にしない。

一方夫はサービス業で、平日のうち2日が休みです。
早出と遅出の日が半々です。
早出の日は幼稚園の迎えも頼めますが、遅出の日は帰ってくるのが夜10時ごろです。

育児の夫婦配分は...
「仕事後の夕方と週末、私が家にいる間は常に子供がいる」つまり
「平日2日の夜と毎週末はワンオペ育児」でした。

シングルマザー、ファーザーの方とか、配偶者が単身赴任とかマグロ漁船に乗ってる方とか、
子沢山のおうちとか...
うちよりもっと大変なご家庭も沢山あるかと思います。

週に30時間くらいは今もワンオペです。
ジワジワジワジワと体力気力を削り取られていきました。
仕事、育児、仕事、育児......

みんなが楽しそうな金曜日の夕方は、土日の育児を思うとゆううつでした。
特に三連休がイヤだった...。
こんな下がった気分でいるの、職場で私だけなんだろうな...。

そして週末が終わると精根尽き果てていました。
日曜の夜は布団に入るとまた明日から仕事か...と気が重かったです。
月曜の朝、体が重いこと。

ワンオペ育児だと、休みが休みにならない。
ってことも、あまり周囲から理解されない。
土日に日直も当直も入ってないから。
(今は月1で平日当直やっています)

 子供が大きくなるまでずっとこんな調子なんかな?
いつになったら楽になるんかな?
可愛い盛りと言われるのに、毎日が楽しくない。
私は育児も仕事も楽しめていない。

「このままでは、あと数ヶ月で確実にうつ病になる」という不安から、
上司に泣きついて平日のうち1日だけ半日で上がってもいいことにしてもらいました。
私がうちの部署で初めての時短勤務ママです。
これでかなり元気になりました。
勇気を出して頼んで良かった。
キャッホーイ!!

子供と自分だけ、という時間が長すぎるのに対し、自分一人の時間がなさすぎたんだな、と後で思いました。

そして、勢いだけで入ったクソババアサロン。前置きなげーよ。

ブログ勉強の場の「勉強部屋」、雑談だけする「雑談部屋」、励まし禁止の愚痴吐き「沼部屋」に分かれていました。

ラインで雑談してるだけですごく楽しかったです。

私は他のママさんとの会話に飢えていたのかも?

そしてサロンメンバーのブログを読むのも楽しい!

サークル活動みたいだ!(個人的感想)
自分もいつかブログ書いてみたい!と思いました。

でもワードプレスとか絶対無理!!

あんな可愛らしい画面の裏では、管理者が訳わからん英数字と記号の羅列を操っているんですよ!!

「♡リコママのゆるゆるほっこり育児日記♡」
とかって全然ゆるくねーよ、ワードプレス使えてる時点で!!
騙されねーからな!!


私がやるならミクシーレベルまで簡単じゃないと。

ちゃちゃこさんに「島流ししゅうへいが一番簡単なブログ開設の仕方ってnoteを売ってるよ」と教えてもらい、食いつきました。

そのnoteの通りに手順をすすめ(それでも私にとっては難産だった)
どうにか開設できました。
最初の1記事目までが大変ですね...。

そして「来月から部屋別の料金体制になるよ。どの部屋に残る?」とちゃちゃこさんに聞かれ、
「勉強部屋だけ残ります」と伝えました。

部屋3つ分は情報量が多すぎると感じていたことも理由ですが、自分でも勉強部屋だけにしたのは意外でした。多分ちゃちゃこさんも驚いたんじゃないかな。

ブログを始めてみると、自分は文章を書くのが好きだったのを思い出しました。

書いていると時間を忘れるくらい楽しいのです。
ネコが爪とぎしている感じかもしれません。

バリバリガリガリバリガリ!!!
っっア〜〜!スッキリするニャア〜〜!!ハァハァ!!


あとサロンに入っていると、まずサロン仲間が読んでくれるしブログの宣伝してくれます。
こんなひよっこブログでも、お客さんが来てくれると励みになります。


独身の頃は美味しい居酒屋を探したり、ヨガに通うことが趣味でした。
でも子供が生まれてから、それらが出来なくなっていた。

自分の好きな事を全くせずに毎日頑張り続けていると、心がいつか枯渇します。

かあちゃんが自分の好きな事をする時間を確保するのは一見大変そうですが、勇気を出して周囲に頼んだり、楽しい輪の中に入ると挑戦してみて良かった」と心から思います。
世の中結構、優しいわ。

私にとって挑戦してよかったのは時短勤務とブログでしたが、
ある人にとってはそれが歌かもしれない。スポーツかも、楽器かも、アイドルの追っかけかもしれない。

あなたがやりたいのに我慢していることは何ですか?

我慢よりも勇気です!!
なんちゃって!!

勇気が出ない人は、既にやってる人の近くに行くといいかもしれません。
私は背中を押してもらえました。
背中押しじゃ足りないときは、希望すればケツを叩いてもらえましたw

とは言いつつ飽きっぽいので、このブログもいつまで続くか分かりませんが...。

そして
ちゃちゃこさん、すてきなサロンを作ってくれてありがとうだニャア〜〜〜!!!

おわり

心屋カウンセラーの川村ゆうなさんにお願いしました。

https://ameblo.jp/yu-na-oku/entry-12395049823.html
上は私たちのことを書いてくださった記事です。
夫と私、2人が別々に受けました。
90分1万5000円

このお値段。
ハチャメチャカウンセラー川村ゆうな先生ご本人が、ドキドキしながらアップしていったそうです。

いい。こういう話、好き。
自分の値段を自分で決める、最高。

30分5千円は、一般的には弁護士相談と同じです。

ゆうな先生曰く
「内容には絶対の自信があります」

すごくないですか。

お値段は自信の表れですよ。

どうせなら自信満々の人に相談したい、と私は思います。

あーん、どうにかしてぇー!
どうにでもしてぇー!満足させてぇー!
私は切迫していました。

別居4日目、全裸のマグロババア(心情的に)は震える手でハチャメチャカウンセラーに電話をかけました。

午前に夫が済んでいるはずです。

カウンセリングはライン、電話、対面など好きな形式を選べます。
私は電話でお願いしました。
ババア、フリック入力が遅いんでね...。

今回は実際のカウンセリング内容を書きます。
メモと、私の危ない記憶力を元に内容を復元していますが大体こんな感じでした。

ゆうな先生「こんにちはー。さっき、旦那さんのカウンセリング終わりましたよ〜。
旦那さん、とても感じのいい方ですね〜。
今日はどんな時間にしたいですか?」

私(おお、想像してたより落ち着いたお声やな...)

私「夫が250万ゲームに課金したので弱っています。
その根本の問題として、夫婦関係にいびつな部分がないか見てもらいたいです。
気持ちが混乱しているので、終わる頃にはスッキリ前向きになっていたいです」
と伝えました。
私、すでに涙声になりそうなのを何とかこらえて伝えました。

ゆうな先生「分かりました〜!話してて思ったのですが、旦那さんはとても素直で誠実な方ですね」

誠実が出ました

このブログの読者様の中に、夫に対してこのような評価をされる方はそうそう居ないと思います

ゆうな先生「言葉に嘘がないですね。
ただ、自分の気持ちに無頓着な人です。
人生で大変なことがあってもそれをあまり大変と思ってない様子で

そう、夫は小さい頃の事故が元で体に一部障害があるのです。
意外とバレないもんです。でもそれを公にすることもなく、本人も気にせず生活しています。

ゆうな先生「のらりくらりと順風満帆な人生を送ってきたので、過去より未来より、今さえ良ければいい、という人ですね」

ええ。夫はキリギリスなんで、計画的なご利用(金融用語的な意味で)とかは無理です。

ゆうな先生「それがいいか、悪いかのジャッジじゃないんですよ。お互いの思いと合致しているかどうかだけです。一緒にいる人が居心地いいか悪いかなんですね。」

おっしゃることは分かります!

250万を配偶者に課金されて、居心地悪くない人も世の中いるかもしれないもんなぁ。

油田持ってる人とか。

でも、でもですよ。大抵の人は....

ゆうな先生「あーでも250万は厳しいな!」

ですよね(;_;)

そして、事前にどんな子供時代だったのか、説明できるようにまとめておくように言われていました。

私はこのブログの自己紹介ページを先生のラインに送っていました
事前に読んでくださっていたので話が早かったです。

ゆうな先生「ブログ見ましたよー。筋トレ暴力裸族のお父さん、大変でしたねぇ!このてん子ちゃんも大変ww」

私(ブログの感想を電話でいただくのって新鮮やなぁ...///
「いやぁ、お恥ずかしい」

ゆうな先生「生きぬいてきましたね〜!すっごく子供時代のこと覚えてるんですね!
文才というか、このブログすごいですよ〜!」

という感じでたくさん褒めていただきました。正直、嬉しかったです。
気分良かったです。

ゆうな先生「課金されて、どんな気分がしましたか?」

私「私たちのことをないがしろにされているようで悲しいです。
うちのお金を食いつぶされる。
続けば将来的に絶対困窮する。
一番つらいのは、私が夫のことを愛せなくなりそうで怖いです」

ゆうな先生「旦那さんは、リコさんを傷つけようとして課金してるわけじゃないんですよ。

自分の楽しみを追求しているだけなんです。

課金の楽しみが家族の苦しみになるのは普通分かることだけど、今しか考えられない旦那さんにとってはそれが結びつかない。

そこは脳の欠陥なんで諦めてもらってでもそこが長所でもあるんです」

脳の欠陥、確かに。
頭おかしいよな。

澄み切った瞳で「家族が大事だから仕事も家事育児もするよ」と言いつつ給料全部課金する社畜夫。

危ない奴だ。

しかし今しか考えない夫は、状況に対する瞬発力があります。
うちの外では空気読めるし、問題抽出と解決が早いです。
適応力が高いと思います。
うちの外では。

ゆうな先生「旦那さんの生き方はリコさんの見本になるかもしれない。

あなたが、自分の好きなことをしていないから。

リコさんは居心地の良くない家で子供時代を過ごしていた。
頑張らないと生きていけなかった。

結婚相手に天敵を選ぶという法則があります。

旦那さんのようにヘラヘラと何となくで生きていけなかった。
その旦那さんの自由が羨ましいんです。

自分の欠点を埋めて、頑張らなくちゃって思っているリコさん。
そんなあなたに、嫌なことから逃げる、チョロい生き方を教えてくれる旦那さんは神です。

すごくステキなカップルだと思います」

まさかの夫婦全肯定.....

ゆうな先生「旦那さんがカウンセリングを受けてくれたっていうのが既に愛されてる証拠ですよ!」

もう、泣きました。

ほか、ゆうな先生からは
嫌なことをされたら嫌という練習。
嫌なことを上手くかわす方法を夫から習う。
自分の好きな事を継続する。

など提案してもらいました。

他にも話したことは色々あって、ここには書ききれないくらいの量です。

そして最後には「1から360までの好きな番号を言ってください。心屋おみくじを引きます」

これからの座右の銘、来るか!?

ありがたい言葉、来い!!来い!!


私の引いたカードは...


「損した人は誰かに得をさせている。いいことしたね」


どええええええええええええ


イスごとひっくり返りそうになりました。


もちろん忖度されたのではありません。
私の言った番号通りです。

我が家の財布、私が損して夫が得していいことしたね、か。

なんか笑えてきました。
もう笑うしかない。

カウンセリングは15000円を2人分、3万円払う予定でしたが夫婦割引で25000円でした!!
ありがたい。

私のカウンセリングは最後の方は、お互い早口で喋ったにもかかわらずw、40分も延びてしまいました。
時間があっという間に過ぎて行きました。延長料金をお支払いしましたが、それでも割引内に収まりました。

カウンセリングが終わった後、マジで前向きな気持ちになっていました。

 早く電話して、夫はどんな話をゆうな先生としたか早く聞きたい。
夫と話したくてたまりませんでした。

4日ぶりに夫と会話しました。
夫も「スッキリした」と言っていました。
夫は魔法の言葉「私は怠け者です」だったそうですw

夫「第三者に話聞いてもらうのっていいね」

私「夫婦喧嘩の仲裁してもらった感じ。今晩、帰ってきませんか」

夫「うん。帰っていい?」

というわけで、3泊4日で別居は解消しました。

義母は「えっ、もう許してもらったの」と驚いていたそうです。

副産物ですが
夫が実家に滞在している間は、夜間不穏状態ぎみの義父の調子がなぜかとても良くなりました。

いつも夫婦だけで過ごしているところに息子が帰ってきて、気持ちが若返ったのでしょうか。よく分かりませんが...。

ゆうな先生「妻に別居宣告されて実家に帰ったらチャッカリ親孝行して帰ってくる。
あの人を神と言わずに何と言うのでしょう。
(中略)
そうやって別居をネガティブ要素だけじゃなくポジティブ要素も見つけられるってスゴイ!」

バカップルの長い話を読んで下さり、ありがとうございました。
私の力量ではカウンセリングのすごさが伝わりきらず、もどかしいです。

死にそうな気持ちが3万円足らずで救われた。これは喜んで払える。

夫婦カウンセリング、おすすめです!!
ゆうな先生、ありがとうございました!!

おわり


200万円コントその後

前回の記事を書いていると、記帳せな、と思い出しました。

結論から言うと、2018年1月から7月まで、また課金していました。

総額250万円

夫が死んだら墓には
「課金大魔王、ここに眠る」
と刻もうと思います。って夫の墓に用事あるのか?

私の心の持ちようを変えたら上手くいくかと思ったら、そうでもなかった。

あの方法は失敗です。
すみませんでした。
100回言います、すみませんでした。

夫のお給料は課金と小遣いで全て消えていました。

夫「少し残ってるやんw」

私「いや、笑えない。これだけは教えて。私と子供のことは、あなたにとって、大事だよね?」

夫「普段の行動みてたら分かるやろ!?」


......!?!?!?!?
......!?!?!?!?

どの行動!?!?!?!?


解説しよう!
夫は「俺は普段家事育児をしているだろう、それは家族のことを思っているからだ」
と言いたかったらしい。
(夫の家事は...週2回皿洗い、同じく週2回洗濯干し程度です。たたむのは絶対しない。
育児に至っては私が夫の6倍やってます)

だ、駄目だ
こいつ...
はやく何とかしないと...


涙が出てきました。

娘「お母さん、なんで泣いてるの?」

息子「おかあちゃん、えーん、えーんしたらいかんよ」

夫「はよ寝ーや」

泣いている私を子供は心配してくれてましたが、子供に「何でもないのよ」なんて言う余裕もありませんでした。

てか何でもなくない。大ごとや。

一方、子供の横で夫は漫画を読んでいました。
ゴールデンカムイ」を1巻から順におさらいしていました。

すげえ温度差。

次の日、這うような気持ちで仕事に行きました。
歩くのがやっとでした。

再度震える手でカウンセリングを予約しました。

私の分も含めてです。


前回再発時、夫に精神科受診を勧めましたが、私の方もおかしくなりそうでした。

こちらの方です。
https://ameblo.jp/yu-na-oku/

普段1日1件しか受け付けておられないそうですが、知らずに2人同じ日に時間帯を分けて申し込んでしまいました。
特別に夫婦ということで快諾してくださいました。

私は本当に弱っていました。どんな心持ちでいればいいのか分かりませんでした。
怒り、悲しみ、悔しさ、無力感、色んな感情が押し寄せていました。
離婚する決心も、一緒にやっていく決心もつきませんでした。

少し迷いましたがラインで夫に
「今夜は実家に泊まってください。
私がいいと言うまで帰ってこないで」と送りました。

義母にざっと説明し、義実家に着替えや洗面用具を届けました。

すると気分がスッキリしました。

少し夫と離れてみよう、と思いました。

別居や!!

仕事しつつの平日ワンオペ育児を乗り切れるかどうかは分かりませんでしたが、何とかなると思いました。

金曜の夜から別居を始め、土日は元々ワンオペだったのでいつも通りの週末でした。

別居4日目、月曜日、ついに予約したカウンセリングの日となりました。

つづく






↑このページのトップヘ